刺繍に恋して




好きな人、多いですよね。刺繍物。
僕もどちらかと言えば好きな方です。

芸術的な要素もそうですが
「それしかない。」って言う一点物感は他のどんな洋服より強い気がします。

そんな僕は「美術」の評価を「2」以上取った事がないので偉そうな事は言えないですが…。


何か付け足して本来の物にそれ以上の価値を与える。
もしくはそれをベースにして新しい何かを生み出す事への敬意ってのもあるかもしれないですね。







b0084452_16214475.jpg





b0084452_16215651.jpg




スゴイ勢い。

手が込めば込むほど凄まじさを感じますがコレもなかなかではないでしょうか?



b0084452_16243774.jpg




刺繍そのものもキレイで手先の器用さが伝わってくるほど。




b0084452_16281357.jpg



70年代のBIGMAC、サイズは15-15halfです。




そしてもう1枚






b0084452_16302367.jpg




こちらは70年代のLevisのシャンブレーに施された物。

先程よりは刺繍の華やかさは薄いですが全体的なバランスが良い。




b0084452_16375874.jpg




b0084452_16331341.jpg




そして、バックの梟。夜行性を背中で語る。




お好きな方、春に向けてぜひ。









【お知らせ】


昨年から継続して当店では新規STAFFの募集をしております。

性別、年齢問わず1名の採用を考えております。
(女性優遇、経験者優遇)

写真付き履歴書を店頭までご持参頂くか、ご郵送して頂きまして
書類審査後に後日面談といった流れになります。

ご興味のある方は是非、上記の何れかの方法でご連絡ください。



お待ちしております。
[PR]
by michael_hp | 2011-02-14 16:55 | Mizuki
<< たまには 丁度、良い時期 >>