どことなく憧れるイメージだったり







b0084452_157127.jpg





充実したシャツ類からコチラをご紹介。







b0084452_15113148.jpg





インド綿



生産される地域によって差異があるようですが
基本的にその素材自体はあまり上質な部類には入らないようです。


そう言われると確かに着込んでいくうちに
なんだか危うい雰囲気が出てきそうですがその危うさも逆に良かったり。


どことなくリネンのようなフワッとした着心地に少しザラザラした肌触りでその表情が楽しめます。


通気性も良く、春夏のシャツとして重宝しそう。





着用はコチラ




b0084452_15491072.jpg






デザインは限りなく現代的でシャンブレーとの切り替えタイプ





b0084452_155184.jpg




ボタンの妖艶さも好み。バランスが良い服だと思います。


その他





b0084452_1892149.jpg






その生地自体が影響しているのか、発色が良すぎない、少しくすんだ色合いが
鮮やか過ぎず、どことなくused独特の風合いを反映させているようです。




脆さとか危うさってのも時には良い物に感じる事ができる好例かもしれません。
[PR]
by michael_hp | 2011-04-03 18:16 | Mizuki
<< 感覚的に意外と少ないと思います。 4月に入り >>