<   2013年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧
What do you live for?

今日は少し暖かいですね。

雪が溶けて路面状況が最悪です。ラバーのブーツが良さそうですね。


なんの脈略もない話です。









b0084452_16421314.jpg





本日はこれのご紹介。











b0084452_1643688.jpg










b0084452_16431669.jpg










b0084452_16462357.jpg








80年代のデンマーク軍のスウェット

というよりも肉厚なカットソー。というイメージです。










b0084452_16453726.jpg










b0084452_16454977.jpg










b0084452_1646022.jpg








数多もある軍モノのインナーの中でも個人的にかなり上位にランクイン。

北海道という気候環境ってのはありますが
この肉厚過ぎず、かと言って夏以外であれば頼もしくもある。ってのは随分重宝する要素かと思います。

こちら数点ストックがあります。

ほぼ同じ形でクルーネックのタイプもストックがあります。(そちらはベルギーの物です。)



因みに着用しているJacketも店頭に並んでいます。

こちら→ と同じものです。












高貴な雰囲気のスタイルに合わせ









b0084452_177358.jpg










b0084452_1771659.jpg










b0084452_177282.jpg










b0084452_1773877.jpg




















b0084452_1711516.jpg










b0084452_171273.jpg










b0084452_17121925.jpg



THANK YOU SOLD Dior Tie Color:Blown






こんなところを使って抜かりなくスタイリングしてあげるとより一層引き締まりそうですね。


ベストはあまり見掛けないダブルのタイプ。ストライプってのがセンスよし。です。
ウール素材なので今時期の内側にもピッタリ。

何処だっていいですが、室内で上着を脱いだ時。っていうシチュエーション。



タイは画像の通りどちらもOldのディオール

洒落てる。

普段、ネクタイは全く付けないですが正直持っておきたいかも。って思うアイテムです。

こちらも生きていればまあ、色んなシチュエーションがあるでしょ。って事で。。



最後の2つはそれ以外にオススメの方法が見つかりませんでしたが

以上、ご検討のほど宜しくお願いします。









商品についてのお問い合わせ、ご質問などはBlog上部にあるEmailからお願い致します。
[PR]
by michael_hp | 2013-01-31 17:38 | Mizuki
新鮮?



そうなのか?そうじゃないのか?


個人的にはそんなところの狭間にいるような気がしています。









b0084452_131642.jpg






THANK YOU SOLD

ご存知MA-1

もう有名すぎるフライトジャケットなので特にどうのこうのはないですが

オーセンティックに所謂アメカジ的なテイストで着用するのはもちろん
今ならそれこそ組み合わせによって真新しさを出してあげるのが至極宜しいかと思います。









b0084452_15392911.jpg










b0084452_15394558.jpg










b0084452_15403043.jpg










b0084452_15404043.jpg










b0084452_15405237.jpg










b0084452_15412058.jpg










b0084452_1541513.jpg










b0084452_1549415.jpg








サイズはXS

内側に着こむことはなかなか叶わないサイズですが
スッキリ、ピッタリ着用したい方には嵌って頂けるサイズです。

いつでも着れるし、いつまでも着れる。

ミリタリーの良さはまずそういう普遍的で永続的なところにあるのだと思います。







そういうヤツをもう一つ









b0084452_15463537.jpg










b0084452_15464944.jpg










b0084452_1547219.jpg










b0084452_15471463.jpg










b0084452_1547299.jpg








高すぎないタートルネックが取り入れやすそうなUS Navy。

小気味良く、使いやすい、丁度良いところ。

画像の物はこちらもXS。
この他にもう1つ、一回り大きい位(タグがなくなっているので不確かですがおそらくUS36か38ほど)の
物も店頭に並んでいます。

ありがちな穴などのダメージもなく、コンディションはどちらも宜しいかと思います。







以上、使い方によってはタイトル通りに感じるアイテム、2点でした。









商品についてのお問い合わせ、ご質問などはBlog上部にあるEmailからお願い致します。
[PR]
by michael_hp | 2013-01-28 16:11 | Mizuki
カラバリ





昨日流れていた映画はなんだったんだろう?映像は少々古めかしいもの。

おおよそ途中から、とてもざっくり目にしたものなので
映画がどうのってことよりも兎に角、その登場人物のスタイルがカッコ良かった。

真っ赤なベルスタッフを着て、バイクで警察から逃げる、振り切る。
寝床がないから一晩部屋を貸してくれ。と娼婦?に頼む。転がり込む。そんなワンシーン。

真っ赤なベルスタッフなんて。

と勝手に思っていたし、黒のイメージが先行していただけに
色で全く違った魅せ方、スタイルが出来る事を改めて感じた昨晩。


そんな事もあったので今日は豊富なカラーバリエーションがあり、且つ手の出しやすいコチラを。









b0084452_13452846.jpg










b0084452_13454025.jpg










コーデュロイパンツ

手に入れやすく、とてもリーズナブルなパンツ。そして沢山のカラーバリエーション。

元々一定量をストックしていた物ですが、欠けていたサイズや色を調整して改めて店頭に並べました。









b0084452_13525738.jpg











b0084452_13513672.jpg










b0084452_1351472.jpg










b0084452_13534455.jpg










b0084452_135403.jpg








その多くはLevisの物で519、505、517、646と形も色々です。

何本持っていても重宝し、使い回しの利くパンツです。
ぜひトライしてみてくださいね。









商品についてのお問い合わせ、ご質問などはBlog上部にあるEmailからお願い致します。
[PR]
by michael_hp | 2013-01-26 14:05 | Mizuki
Not grunge







おススメのインナー、モヘアのニットをご紹介します。









b0084452_18434776.jpg










b0084452_1844078.jpg










b0084452_1844945.jpg










b0084452_1844213.jpg










b0084452_18443496.jpg










b0084452_18444354.jpg










b0084452_18445666.jpg










b0084452_18451325.jpg










b0084452_1845228.jpg










b0084452_18453371.jpg










b0084452_18454517.jpg










b0084452_18455829.jpg










b0084452_1846810.jpg










b0084452_18462370.jpg










b0084452_18463547.jpg










b0084452_18464621.jpg










Mohair=アンゴラヤギの毛→

現在でも非常に高価な天然素材として取引されていることは言うまでもない希少な羊毛です。
今回ご紹介の数点は店頭に並んでいるモヘアニットの中でも特におススメな物。

およそ60年代から70年代頃の製造だと思います。

まあまあ、形、シルエットは決してキレイとは言い難いですが
経年変化によって浮かびあがる鈍った色合いが古着のモヘアらしい魅力的なところ。

カートがどうのこうのって話はナシにして、今だからこそこの辺をサラッと着てみては如何でしょか?









b0084452_19145128.jpg










b0084452_1915491.jpg










b0084452_1915156.jpg










b0084452_1915255.jpg










b0084452_1915386.jpg










商品についてのお問い合わせ、ご質問などはBlog上部にあるEmailからお願い致します。
[PR]
by michael_hp | 2013-01-24 19:21 | Mizuki
取り入れかた





年末最後に届いたUS便の中で店頭に出しきれていなかった商品が
鞄や靴、あるいはベルトなどの小物を中心にまだまだありますのでドカッと並べました。









b0084452_1258248.jpg










b0084452_12581975.jpg










b0084452_12582847.jpg










b0084452_12584137.jpg










b0084452_12585820.jpg










b0084452_1259101.jpg










b0084452_12592158.jpg










b0084452_1259332.jpg










b0084452_1259426.jpg










b0084452_130060.jpg










b0084452_1301211.jpg










b0084452_1303037.jpg










b0084452_1304395.jpg










b0084452_1305643.jpg










b0084452_1314893.jpg










b0084452_131793.jpg










b0084452_1311856.jpg










b0084452_1313187.jpg








そして、少量ですがハイポジには久しぶりの入荷になるコチラ









b0084452_132459.jpg








OldのCoach


アメリカ(おそらくヨーロッパも)でも大小限らず都市部では女性に限らず
男性でも使用しているのをたまに見掛けます。(もちろん圧倒的に女性側の使用率が高いです)

昨今では特に【Vintage coach】として高く評価され
なかなか気軽に手を出せないプライスで取引されていることもしばしば。。

シンプルなデザインでいてブランドネームを前面に押し出していなく、非常に使い勝手が良いのが魅力的で
日常の中に取り入れるヴィンテージアイテムとしてはこれ以上に取り込み易い物も少ないかと思います。


今以上に手が出し難くなる前にお一つ如何でしょうか?









商品についてのお問い合わせ、ご質問などはBlog上部にあるEmailからお願い致します。
[PR]
by michael_hp | 2013-01-23 13:35 | Mizuki
一工夫を



まず、コチラ

経年変化による全体の風合いがたまらなく素敵です。妖しいボルドー









b0084452_22422234.jpg










b0084452_22423944.jpg










b0084452_22425460.jpg









b0084452_224354.jpg










b0084452_22432459.jpg










b0084452_22433768.jpg










b0084452_22435562.jpg





THANK YOU HOLD


50年代頃でしょうか?フルジップのコーズシャツ

似たようなものは多々あれど、ジッパーで開閉するタイプはあまり見掛けない気がします。
サイズはSMALLなのでピッタリとくる方が多いかもしれませんね。

開閉に問題はありませんが、画像にもあるようにジッパーの差し側、付け根部分が弱っています。









b0084452_2248333.jpg










b0084452_22484823.jpg








もう一つはBiltwellダブルフック仕様のオーバーオール、おそらくDeadStockだと思います。

ダック地でダブルニーの仕様は過酷な労働に耐えうることを考慮して。
日常生活の中ではきっと鬱陶しく感じる事はあるでしょうがワークウエアとしては当然必要な事です。

スタイリングの仕方によって様々な表情を出すことが出来るのもこうゆう物の楽しみ方の1つですよね。









b0084452_22593372.jpg










b0084452_22595495.jpg










b0084452_23069.jpg










b0084452_2301894.jpg










b0084452_2303125.jpg










b0084452_2304497.jpg










b0084452_2305578.jpg










b0084452_231799.jpg










b0084452_2311940.jpg










b0084452_2313461.jpg








アイテムそのもの自体はどちらもオーソドックス(?)ではありますが

如何して合わせるか。

ここに一工夫を挟んであげるだけで随分違った表情で楽しめると思います。

そしてそこに見える個々のセンス。


ぜひぜひトライしてみて下さいね。









商品についてのお問い合わせ、ご質問などはBlog上部にあるEmailからお願い致します。









最後に昨日Blogに掲載した商品へお問い合わせを頂いたY様

メールサーバーの不具合により当方からのメールが送信出来ていない可能性があります。

早急に対処させて頂きますが
もしこのメッセージをご覧になられましたらメール確認の有無をお知らせして頂いても宜しいでしょうか。
受信メールは問題なく確認できております。

大変恐れ入りますが宜しくお願い致します。
[PR]
by michael_hp | 2013-01-21 23:26 | Mizuki
巡るということ
早い、早い。

あっという間に時間が過ぎますね。1月も残り僅かとなってきましたね。

まずは
巷で大流行中(?)のインフルエンザに十分ご注意下さい。







ちょっと、気の早い春や秋がメインのアイテムですが









b0084452_22475431.jpg










b0084452_22481655.jpg










b0084452_22483071.jpg










b0084452_22485127.jpg










b0084452_224922.jpg










b0084452_2256407.jpg










b0084452_2257034.jpg










b0084452_22571395.jpg










b0084452_22573645.jpg










b0084452_22572554.jpg










b0084452_22574773.jpg










b0084452_2257586.jpg








40年代BigSmithのエンジニアジャケット

サイズはおそらくUS34か36程で、とにかくパッツパツに着用出来ます。

左手のカフスボタンだけチェンジされていますがその他は特にダメージもなく良好。
背中に薄っすらとペンキ跡(?)があるくらいです。

ちょっとニュアンスが異なるかもしれませんがショート丈のカバーオールといったイメージでしょうか。

見つかり難いサイズです。









それからそれから





主観的にはこちらがだいぶメイン









b0084452_23125855.jpg










b0084452_23104340.jpg










b0084452_23105626.jpg










b0084452_23111299.jpg










b0084452_23113971.jpg










b0084452_23523656.jpg










b0084452_23525378.jpg










b0084452_2353883.jpg










b0084452_23532437.jpg










b0084452_23534031.jpg








これ、アフリカのテキスタイル

コンゴ共和国で暮らしている、ある部族のものとの事

詳しい製造された年代などは譲り受けたディーラー自身も分からないようでしたが
なんとなく気になっていたアフリカだけに、とにかくこれを見た瞬間一発で興味が湧きました。


曰く、まず草原の植物を乾燥させ、それを噛み、自分の唾液で粘着力を上げて
一つ一つ編み上げていくという気の遠くなるような製造方法だそう。

更にはその模様に型を取り(カタヌキのような事でしょうか?)
大地の泥で染め上げ色彩の変化をデザインとし、耐久性も上げるのだそうです。

おそらく一つ一つの柄によっても意味があり
それによっても使用出来る場所や時間などが変わってくるのではないかと思います。


僕の騙し騙しの英語が間違っていなければ、そんな様なことを丁寧に教えてもらいました。



さて、肝心の使用方法、用途、柄の意味は聞くのを忘れてしまいましたので想像のお話ですが

どうゆう用途だったのでしょうね?

食事の時や玄関先に敷いたものでしょうか?
あるいは衣装や何かを制作した際のただの端切れが巡り巡ってきた。ただそれだけの物なのか。。。


購入を検討している→

ここに同じものが掲載されていて、ちょうどディーラーが持っていたので見せてもらいました。
もちろんこれ以外にもとても興味深い内容がぎっしりでしたよ。

検討しているとは言え、なかなかにイイお値段がするので手を出せずに今日にまで至るということです。

興味がある方はぜひチェックしてみて下さいね。


余談ですが

音楽もアフリカは果てし無く、世に出てきていない素晴らしいものがまだまだ沢山ある。
と、ある先輩は言ってました。

様々な事情を知らないだけに現実味が沸かないのが正直な気持ちですが
音楽や洋服に限らずいつかそうゆうアフリカの物の素晴らしさや発想の豊かさに
今まで以上にフォーカスがあたっても面白いのにな。


そんなふうに考えている次第です。









b0084452_0101994.jpg








【追記】


このテキスタイル、日本では草ビロードと呼ばれているようで、アフリカのザイール(現コンゴ共和国)の
クバ族、更にはその中でもショワと呼ばれる部族がラフィア椰子の繊維から作った物だそうです。

元々は位の高い人の衣装やブランケット、様々なものの装飾に使われ、儀礼用にも使われていた様で
17世紀頃から作られ、正方形のものは比較的新しく、ヨーロッパ人が王国に入ってきた
19世紀後半から20世紀に織られたもらしいです。

このようなアフリカのテキスタイルはアメリカ、ヨーロッパでの評価は非常に高いのですが
日本での認知度、評価は今ひとつな様でまだまだそれらには及ばないようです。

上記のような国々では主に額に入れて飾るといったようなアート的ニュアンスで親しまれているようです。


以上、抜粋して追記とさせて頂きました。

ご教授くださいましたY様
大変勉強になりました。ありがとうございます。
[PR]
by michael_hp | 2013-01-20 00:18 | Mizuki
大量







たくさんあります。ババっといきます。









b0084452_1618882.jpg










b0084452_16182091.jpg










b0084452_16183226.jpg










b0084452_16184358.jpg










b0084452_16185299.jpg




↑Thank you so much. SOLD





b0084452_1619395.jpg










b0084452_16191433.jpg










b0084452_16193139.jpg










b0084452_16212462.jpg










b0084452_16201072.jpg










b0084452_16202112.jpg










b0084452_16203280.jpg










b0084452_1620438.jpg










それからコレも









b0084452_16221723.jpg










b0084452_16223274.jpg










b0084452_1623220.jpg










b0084452_16231899.jpg








うちではどうしてかあんまり人気のないマーチンですがそれなりの数が店頭に並んでいます。

イングランド製の物のみ並んでいますのでお好きな方、気にしてみて下さいね。









商品についてのお問い合わせ、ご質問などはBlog上部にあるEmailからお願い致します。
[PR]
by michael_hp | 2013-01-17 16:30 | Mizuki
地域による違い







質が高いウール物を2点









b0084452_1349739.jpg








サファリジャケットやミリタリーのオフィサージャケットにあるようなデザイン

薄っすらとピンクがかったような全体の色合いとは正反対に
ウールの素材感が良く、適度に重たく、ドッシリとした、それだけで上質さを感じます。

サイズはUS36、もしくは38程です。









b0084452_13494891.jpg










b0084452_147853.jpg










b0084452_1472279.jpg










b0084452_1473478.jpg










b0084452_1474571.jpg










b0084452_1475911.jpg










b0084452_1481167.jpg










b0084452_1482241.jpg










b0084452_1484717.jpg










b0084452_149031.jpg










b0084452_1491125.jpg










b0084452_1492293.jpg










b0084452_149339.jpg








真冬でのアウターにするとなると少し心許ない気もするので
比較的暖かい日を狙ってインナーの合わせ、ストールや手袋などの小物で対応してあげる事で
今時期でも十分に着用できるかもしれませんね。

シャツジャケット的にインナーにしてあげるというのも1つの手だと思います。









次はヘビーなアウター枠









b0084452_1420566.jpg










b0084452_1421182.jpg










b0084452_14213118.jpg










b0084452_14214328.jpg










b0084452_14215629.jpg










b0084452_1422936.jpg










b0084452_14223866.jpg










b0084452_14224921.jpg










b0084452_1423013.jpg










b0084452_14231333.jpg










b0084452_14232585.jpg








ペンドルトンのラグジャケット

アメリカっぽいというか。定番のやつですね。

表記ではUS38ですが、ペンドルトンは正直少し大きい規格の物が多いです。
着用した感じ、普段US40あたりを着用している人であれば十分着れるサイズだと思います。

表記より少しだけ大きめ。


2つとも特筆するようなダメージもないのでおすすめデス。







それから明日より店内に1つラックを増設します。

年始より継続しているクリアランスセール的なものとはまた別に
また少しだけOFF率を上げて多くはないですが冬物を中心に店頭に並べる予定です。

ご興味のある方はぜひそちらもご覧になってみてくださいね。

宜しくお願い致します。







商品についてのお問い合わせ、ご質問などはBlog上部にあるEmailからお願い致します。
[PR]
by michael_hp | 2013-01-14 14:42 | Mizuki
色んなもの



3連休の真ん中ですね。









b0084452_12381879.jpg










b0084452_12383827.jpg










b0084452_12395481.jpg










b0084452_12401310.jpg










b0084452_12403546.jpg










b0084452_12405117.jpg










b0084452_12411430.jpg








Pumaのスポーツバック

これっぽっちも古い物ではないので当然といえば当然ですが、とても美品。
ダメージ、汚れなどは一切ありません。

普通に使えると思います。









b0084452_12455497.jpg










b0084452_1246930.jpg










b0084452_12462445.jpg










b0084452_1246498.jpg










b0084452_1247359.jpg








こちらは少し古めのリング。60,70年代の例のあれです。

「当時、自分もそうだった。」と自ら語っていたディーラーの女性から譲り受けた物なので
彼女に嘘がなければそうゆう事だと思います。

自ら身に着けていたのか、サイズは少し小さめです。
女性、もしくは男性でも一般的な指のサイズであれば小指サイズ程かと思います。









b0084452_1324228.jpg










b0084452_13242271.jpg










b0084452_13243721.jpg










b0084452_13245362.jpg








こちらも先ほどのリングと同一人物から譲り受けたものです。
「OLIVIA」とは別の名前の人物ですが、コチラも同年代の物だとの事。

やっぱりこれも先ほどと同様に男性であれば小指サイズくらいだと思います。









b0084452_13332466.jpg








前回の入荷時にはすぐに無くなってしまったこちらも再入荷しています。

使い方はご自由に。DIY的な感じですね。

ちなみに店頭ではゴム紐を通してヘアアクセサリーとして使えるようにして販売していますので
自分用にもちょっとしたプレゼント用にも宜しいかと思います。









b0084452_13343651.jpg










b0084452_13425275.jpg








最後のコレ。面白いですね。

嘘か真か古いものらしいのですがはっきりしません。
ディーラー曰く、3,40年代のノベルティー品との事なのでそういう事にしておきます。

飲み物を飲むのが楽しくなりそうですね。
普通に使っても良いし、飾りとして部屋の片隅にあっても素敵です。

アメリカらしいというか、こうゆう面白みも挟みたいこの頃です。









商品についてのお問い合わせ、ご質問などはBlog上部にあるEmailからお願い致します。
[PR]
by michael_hp | 2013-01-13 14:34 | Mizuki